内子の森・木のもの・器 樹のぬくもり工房内子の森・木のもの・器 樹のぬくもり工房

「樹のぬくもり工房」は「株式会社杜のまきばかとう」の木工芸品事業部門として平成18年に誕生しました。

内子町ではバイオマス発電事業に年間約12,000トンの原木が消費されています。これは広さにして約300ha、東京ドーム約64個分の森林に相当し、町内全体の原木伐採総量の約30%に当たります。バイオマス燃料として使用される原木の約95%は商品価値の低い針葉樹ですが、残り約5%の中に楢・櫟・桜等々の広葉樹が含まれています。

この広葉樹を有効利用できないかと考えているのが取締役・加藤毅(木地師名大禮)。平成15年から大分県で3年間の木工研修を受けた後、愛媛県内子町に工場を開設、愛媛県産木材を原料に、木製の食器と、お玉・ヘラなどの調理器具、スプーン・バターナイフなどのカトラリーなどを製作する事業をスタートしました。

制作の拠点となる内子町と周辺の市町村から良質な木材を仕入れ、左右つくり分け、身体の不自由な方の特別仕様、仕上げの選択など、小規模経営ならではの強みを生かして消費者のニーズを受け止めた細やかな要望や期待を、デザインや作業工程にフィードバックしています。

熱伝導率が低く、吸湿性のある木製品は、熱いスープや冷たいアイスクリームなどを口に運びやすい、トーストがべたっとなりにくいなど、陶磁器や金属製品にはない魅力があります。 また、口当たりがよく壊れにくいため、小さなお子様から年配の方まで安心してご使用いただけます。

現在、工房では挽きものを中心とした製品に限られていますが、木製品ならではの長所を引き出す工法を先人の知恵から学び、さらに暮らしに寄り添う製品づくりに取り組んでいます。

取扱商品

使い捨てでは味わえない、手入れしながら共に永く過ごすことができる道具たち

活動内容